芋いもロック!!

年間100種類以上の焼酎を飲む焼酎好きの焼酎好きによる焼酎好きのためのブログ

11月19日まで待てない!ボジョレーヌーボーが待ちきれないので色んなワインを飲んでみた

      2017/05/13

街中が、オレンジ色のかぼちゃと、仮装した人たちであふれていた10月が終わり、朝晩の空気が冷んやりとした11月になりましたね。年賀状の販売やお歳暮の受付が始まったり、クリスマスや、年末年始の話題になったりと、一気に年末ムードが高まってきておりますが、11月にも忘れちゃいけない見逃せないイベントがありますよ!
そう、ボジョレーヌーボーの解禁!!
毎年、11月の第三木曜日に解禁になるので、2015年の今年は11月19日の木曜日になりますね。
そもそも、ボジョレーヌーボーって何?

ボジョレーワインフランス語: Vignoble du Beaujolais)とは、フランスワインの1つ。ローヌ県北部、ソーヌ=エ=ロワール県の数箇所のコミューンで生産されている。ブルゴーニュワインの1種類とされている。生産地域は、マコンリヨンの間、ボジョレー地方の山のふもとである。

毎年11月第3木曜日に解禁される、特産品の新酒をボジョレー・ヌヴォーBeaujolais nouveau) という。以前はその年のブドウの出来栄えをチェックすることを主な目的としたもので[要出典]、ワイン業者が主な顧客であったが、その後、解禁日をイベントとして、新酒として大々的に売るやり方が確立され、現在はフランスでも、日本と同じ目的で一般の消費者向けに売られている(ブルゴーニュ地域圏マコネーMaconnais) 地区に隣接する地のワインはブルゴーニュ・ワインに分類される)。wikipedia

その年に作られたブドウの品質をチェックするために作る新酒のワインのことで、ワインを輸入したり、卸したりする業者さん向けのイベントだったのが、我々消費者でも飲めるようになったってことかしら。あれ、もしかして試飲y・・・?


ボジョレーヌーボーのキャッチコピー
そして、ボジョレーヌーボーといえば、魅惑的なキャッチコピーたち。「50年に一度の出来」とか、「ふくよかな果実味が~」とかワインに詳しくなくても、なんとなくワイン通になったかのような印象を持たせてくれます。「え?今年のボジョレー?記憶に残る素晴らしい出来栄えらしいよ」みたいな会話が出来ちゃう。でも、販売業者と、ボージョレワイン委員会とでは、評価にやや違いがあるようです。
ここ10年のキャッチコピーを見てみると、
《販売業者》

  • 2005年「タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ『ザ・ヌーボー』」
  • 2006年「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」
  • 2007年「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」
  • 2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
  • 2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」
  • 2010年「2009年と同等の出来」
  • 2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
  • 2012年「偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全」
  • 2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
  • 2014年「太陽に恵まれ、グラスに注ぐとラズベリーのような香りがあふれる、果実味豊かな味わい」
  • 2015年「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます」

《ボージョレワイン委員会》

  • 2005年「59年や64年、76年のように偉大な年の一つ」
  • 2006年「とてもうまくいった年」
  • 2007年「果実味が豊かでエレガント」
  • 2008年「フルーツ、フルーツ、フルーツ」
  • 2009年「数量は少なく、完璧な品質。桁外れに素晴らしい年」
  • 2010年「果実味豊かで、滑らかでバランスの取れた」
  • 2011年「3年連続で、偉大な品質となった」
  • 2012年「心地よく、偉大な繊細さと複雑味のある香りを持ち合わせた」
  • 2013年「繊細でしっかりとした骨格。美しく複雑なアロマ」
  • 2014年「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」
  • 2015年「記憶に残る素晴らしい出来栄え」

個人的には、ボージョレワイン委員会の2008年「フルーツ、フルーツ、フルーツ」の評価が好き☆
でも、11月19日まで待てないよーということで、一足お先にワインパーティーしちゃいました!色んなワインを飲んでみましたよ。
まずは、シャンパン!

リサとガスパールのラベルがかわいいシャンパン(白)です。飲んだ後に写真を撮っていないのを思い出したので、空瓶&グラスなしですが・・・やや甘みのあるシャンパンで、最初に飲むのにピッタリ。
Blanc de Blancs Brut ブラン・ド・ブラン ブリュット
お次は、白ワイン!

こちらもネコちゃんのかわいいラベル☆ネコ好きな私にピッタリと選んでいただきました、わぁい、ありがとうございますー!マスカットや、洋ナシのような甘めの香りの中にキリッとした酸味で、不良のニャンコのネーミングがお似合いのワインです。
アルザス Voyou de Katz ヴォワイユー・カッツ(不良のニャンコ)
赤ワインも飲んじゃおう!
 
シンプルモダンなデザインに、おしゃれなフォント、センスの良い素敵なラベルです。強すぎない香りが心地よく、甘味、酸味、苦味、渋みのバランスも取れていてグイグイ飲んじゃいました。
ブルゴーニュ Savigny les Beaune Vieilles Vignes Rouge サヴィニー・レ・ボーヌ ヴィエイユ・ヴィーニュ ルージュ
まだまだ、行きますよー、同じく赤ワイン!

ワインのラベルに日本語?そう、このワインは日本人の方が作っているワインなんです。柔らかい香りに、コクのある味、でも主張しすぎないそんな味は、洋食はもちろん、繊細な和食にも合いそう。あすなろの豚の角煮と一緒に食べたいです~
ブルゴーニュ fixin フィサン
もう1本いってみよう!

1987年産のワイン、ビンテージワインになるのかな?20年以上前のワインだから、ずっしりとした重厚感のある味を想像していたけれど、思っていたよりも軽めで、やや渋みの強い味が美味しい!チーズの盛り合わせが欲しくなります。
スペイン Gran Reserva グラン・レセルバ
おつまみは、

カッテージチーズの生ハム巻き(巻くだけ簡単!)

皮パリ、中はジューシーなチキンソテー(バジルソース、バルサミコソース)
ポテトとにんじんのカラフルソテーと、色々きのこのソテーとオリーブです!
いやぁ、たくさん飲みました!ごちそう様~


 - ワイン

error: Content is protected !!