芋いもロック!!

年間100種類以上の焼酎を飲む焼酎好きの焼酎好きによる焼酎好きのためのブログ

おいしさの秘訣はかき醤油!ほろほろ大根と鶏のうま煮 かき醤油バージョン

      2017/05/14

みなさま、こんばんは。
日に日に寒くなり、朝晩の寒さは冬の訪れを感じる今日この頃ですね。こんな寒い日は焼酎のお湯割りや、熱燗を飲んで身体の内側からポカポカと温まりましょ。
今日は温かいお酒と一緒に食べたらおいしいおつまみ、アサムラサキのかき醤油を使った料理を紹介します。

かき醤油って?

かき醤油は広島の牡蠣から滋養とうまみのエキスを抽出し、有機醤油とブレンドした高級濃厚つゆ。
炒め物、煮物、うどんつゆなどのお吸い物、 そのままかけ醤油としてたまごかけごはんや、冷やっこ、お刺身などに使える万能調味料なんです。
一度、かき醤油の芳醇な香りと深いコクを知ったらもう、めんつゆとかじゃ満足できなくなっちゃいますよ。

かき醤油を使ったレシピ、ほろほろ大根と鶏のうま煮

ということで、早速調理開始です。
今回使ってみたのは、このかき醤油。
少量ずつパウチに入っているから、容器に移し替えてから使います。かき醤油の鮮度や香りが落ちずに、いつでもおいしい状態が楽しめるのが小分けパックのいいところ。


11月も後半になり、スーパーや、八百屋さんでまるまると大きく太ったおいしそうな大根に出会える機会が増えてきたので、大根を使った煮物にします。冬の大根料理の定番といえば、ぶり大根☆ですが、私にはまだ難しくハードルが高い料理でうまく作れる自信がないので、以前、昆布と鰹節のあわせ出汁でつくったほろほろ大根と鶏のうま煮を、かき醤油を使用してアレンジしてみましょう。

ほろほろ大根と鶏のうま煮 かき醤油バージョン

材料 2人前
大根 1/3本(400~500gくらい)
鶏もも肉 1枚(250g)
油揚げ 1枚
☆水 200ml
☆かき醤油 大さじ2

<作り方>

  1. 皮をむき1~2cm幅に切った大根を半月切りにし、鍋にいれ、大根がかぶるくらいの水(分量外)を入れて大根が柔らかくなるまで下湯でする。
  2. 別の鍋に☆の水と、かき醤油を入れて火にかける。
  3. 鶏肉は余分な油や、筋を取り、やや小さめの一口大、油揚げは1cm幅に切る。(ゆとりがあれば、油揚げは熱湯をかけ油抜きをする)
  4. 2の調味料が温まりふつふつと沸いてきたら、3の鶏肉を入れ、表面の色が変わるまで加熱する。
  5. 4の中に、1の下湯でした大根、3の油揚げを入れて、アルミホイルで落し蓋をし、煮汁がアルミホイルを少し浮かせる位の火加減(だいたい中火くらい)で5分ほど煮る。
  6. 完成!できたてもおいしいけれど、一度冷ましてから、食べる直前に再加熱すると味がしみてさらにおいしい!


わぁ、もう、このふわぁ~っと広がるこの芳醇な香りをかぐだけで、間違いなくおいしいのが分かります。
作っている時から、早く食べたくて我慢するのが大変でした。

口に入れると、じゅわーっとおつゆを染みこんだ油揚げと、大根がほろほろと溶けていき、噛むたびに煮汁が口中に溢れ出します。
ジューシーな鶏肉のうま味と、かき醤油のうま味が見事にマッチ!これは、おいしいです~☆

調味料はかき醤油だけで、こんなにおいしい煮物が作れるなんて幸せすぎます。

焼酎のお湯割りも、日本酒にもあうおつまみですよ!もちろん白いご飯と食べてもOK!
いやぁ、かき醤油の旨さと、これだけで味が決まるという手軽さを実感しました、おいしかったぁ、ごちそうさまでしたー!!
アサムラサキファンサイトファンサイト参加中
おいしいものを食べた後には・・・

 - 肉料理

error: Content is protected !!