芋いもロック!!

年間100種類以上の焼酎を飲む焼酎好きの焼酎好きによる焼酎好きのためのブログ

料理初心者でもできる簡単レシピ!干し小エビの旨みが決め手のキャベツのアンチョビガーリックパスタ

      2017/05/13

出かけるのもなんだかいまいち気が乗らない、曇り空の休日の昼間。
おなかがすいたなぁと思い冷蔵庫を見ると、キャベツと使いかけのアンチョビを発見。
アンチョビ好きな人は加熱して塩やマヨネーズをかけたりつけたりしたり、たまねぎなどの香味野菜をトッピングしてレモン果汁をたらすだけでおいしく食べられるみたいだけど、私はオイルとイワシの生臭さみたいなのがちょっと苦手で、一缶使い切れず中途半端に残しがち。これ早めに使っちゃわないとなぁ。
 前にアンチョビ入りのトマトソースを食べたときは、トマトはもちろんケイパーやオリーブの酸味がうまい具合にアンチョビと調和していておいしかったんだよなぁ。でも、今日は酸味をつけられる食材がないんだよね、どうしよう・・・
 塩でいくか!でも、塩だけで味を決めるのは、難しい。にんにくと、鷹のつめで香り付けしたオリーブオイル、それからアンチョビと同じ魚介系の干し小エビも入れたらうま味になりそう、よぉし、決まったところでさっそく作ってみよう!



[材料]一人前
パスタ 80g
キャベツ 1/8個
しめじ 1/6株(30g)
干し小エビ 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
アンチョビ 1枚
にんにく 小さじ1
鷹のつめ 1/4本
塩 適量
こしょう 少々
 まずはパスタをゆでるためのお湯を沸かします。鍋に1?くらいの水を入れてふたをしてから、強火にかけます。お湯がボコボコと沸いたら小さじ1の塩とパスタを入れて、茹でましょう。
 別 のフライパンにオリーブオイル大さじ1と、にんにく小さじ1、輪切りにした鷹のつめ1/4本と、アンチョビ1枚を入れて、ヘラや菜ばしでアンチョビをつぶ しながら弱火で加熱します。キャベツは一口大に切り、しめじも食べやすい大きさにしておき、中火にしてフライパンが温まってきたら切ったキャベツとシメジを一気に炒めます。最初の段階で味付けの塩を入れてしまうと野菜から水分が出て水っぽくなるので、パスタが茹で上がる直前(1分前)に多めの塩(ここでは小さじ1/3)をいれておきます。
 茹で上がったパスタをフライパンに移し(湯きりはざっとで大丈夫!)、野菜と混ぜ合わせ、オリーブオイルを一まわし。全体がからんだらお皿にいれて、お好みでこしょうをふりかけたら完成!!

 強めに振った塩と香ばしい干し小エビが味を決めてくれています。シャキッとしたキャベツに、アンチョビも主張しすぎずいい感じ。最後にからめたオリーブオイルが全体をうまくまとめてくれていて、なかなかおいしい。これに、ベーコン入れてもおいしそうだなぁ、また作ってみましょう、ごちそう様でした。

 - パスタ

error: Content is protected !!