芋いもロック!!

年間100種類以上の焼酎を飲む焼酎好きの焼酎好きによる焼酎好きのためのブログ

こだわりの花かつお!おいしいかつお節を使って小松菜のおひたしを作ってみた。

      2017/05/01

みなさん、こんにちは~!

今日は、だしの素や、かつお節で有名なマルトモ株式会社の花かつおを試してみたので紹介します。この味わい花かつおと、徳用花かつおの2種類を使って、お料理してみましょう。

まずは、シンプルに花かつお、そのものの違いをみてみます。


徳用花かつおのほうが、小さめのけずり節で、味わい花かつおの方がやや厚さがあり、大きめのけずり節になっています。実際に食べてみると、徳用花かつおの方は柔らかくて繊細な味で、味わい花かつおの方はかつお節の力強い濃い味がします。かつお節はかつお節でも種類が違うとこんなに味が違うなんて知らなかった!
お出汁のとり方も裏面に書いてあるので、これを見ながら作ればうまくできるはず。


お出汁をとるといえば、料理の鉄人に出演していた和食の鉄人、道場六三郎さんが、大鍋に「これでもかっ!!」というくらいたくさんのかつお節をいれて作る「命のだし」がとっても印象的☆私も、あんな風においしそうで、見た目にも美しいお料理が作れるようになりたいな~
この花かつおを使って何を作ろうかなぁ?せっかくのおいしいかつお節だから一番、お出汁の味が楽しめる料理がいいよね。
やっぱりここは、みんな大好きお味噌汁で、お出汁と味噌のコラボレーションを楽しむのがいいかな?それとも、お出汁と醤油をちょろっとたらした煮汁で作るおひたしがいいかなぁ。
よし、ここはシンプルにおひたしにしよう!ということで、小松菜と油揚げのおひたしにしました~


写真は、徳用花かつおを使って作った小松菜のお浸し。花かつおそのままで食べたときの繊細な味を残しつつ、出汁がふんわりと香り、かつ濃い味がします。同じ材料で、味わい花かつおのお浸しも作ったのですが、最初に食べたときに感じたかつお節の濃い味が馴染んだのか、こちらは加熱したら味がぼんやりとした印象に。調理法によっても、かつお節の味が変化するなんて本当に、和食は繊細なんですね。

かつお節の3つの豆知識

調べてみたら、かつお節にはこんな栄養や効果もありましたよ。

1.70%以上がたんぱく質
かつお節100gあたり、なんと77%がたんぱく質で、脂質は2.9パーセント。
つまり、高たんぱく、低脂質だから、運動した後や、筋トレ後など効果的に高たんぱくなものを食べたい人や、脂肪が気になる人にもオススメ!

2.必須アミノ酸が豊富
人体で合成することができない9種類の必須アミノ酸(バリン、リジン、ロイシン、イソロイシン、トリプトファン、メチオニン、トレオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン)が多く含まれているかつお節は、たった10gで一日に必要な必須アミノ酸の約1/3が摂取可能!

3.減塩でもおいしい味つけ
塩分控えめな方が健康に良いのはわかっているけど、お酒にあうおつまみや、料理ってどうしても味が濃い方(それも塩味)がおいしく感じてしまうんですよね。私、日本酒なら酒盗や、いかの塩辛と漬物、焼酎なら豚みそがあれば延々と飲んでいられる気がしますもの、えぇ、はい。でも、かつお節でだしをとったお料理なら、だしの旨味がきいているから塩分控えめでもおいしいおつまみができる!
と、かつお節にはこんなにうれしいことがあるんですね☆

今晩のおつまみに、かつお節を使った料理はいかがでしょう?



マルトモファンサイトファンサイト参加中

 - 野菜料理

error: Content is protected !!