芋いもロック!!

年間100種類以上の焼酎を飲む焼酎好きの焼酎好きによる焼酎好きのためのブログ

トロトロジュワーがたまらない!白菜と干し海老の煮びたし あぁ、失敗編

      2015/12/23

 

今日は寒い季節においしい野菜、白菜を使った料理を紹介します!
白菜といえば、鍋の具材はもちろん、漬物や、八宝菜などにも使われることから、生で食べても、加熱して食べてもおいしい野菜だということが分かります。そんな万能選手の白菜、生のシャキシャキとした食感を楽しむのもいいですが、やっぱり熱々の煮汁をたっぷりとすいこんだのを、ハフハフしながら食べるのは冬の愉しみの1つとして感じることに異議を唱える人は少ないはず。
そんなジュワーっと煮汁を含んだ白菜に最高の味と香りをプラスしてくれる食材と調理法は何か、とあれこれ考えます。ベーコンでうまみと塩気を足すのが良いかな、豚肉でガツンとした味をつけてとろみをつけるのが良いかな、いや、ここは肉系のガッツリとした味で攻めるのではなく、もっとシンプルに塩味をベースとした白菜料理が食べたいんだよなぁと思っていると、、、
そうだ!干し海老と一緒に煮たらどうかしら?!とひらめきました。海老のうまみを白菜に染み込ませたらおいしそう☆ということで、メニューは「トロトロジュワーがたまらない!白菜と干し海老の煮びたし」に決定、早速、作ってみましょう!
材料は
・白菜 1/4本
・干し海老 大さじ1~2
☆水 100ml
☆白だし 小さじ2
☆塩 ひとつまみ~お好みで足しても可
まずは、ざく切りにした白菜と、☆の調味料を大き目の鍋に入れ、火にかけます。あれ?水分少ないんじゃない?と感じたかもしれませんが、ふたをして煮込むので白菜から水分が出ることを予想して、あえて少なめにしてあります。鍋の中の白菜が煮えてクタッとしてきたら、干し海老を加え、白菜となじませながら加熱したら、完成!あら、とっても簡単。

できあがりはこんな感じ。
では、温かいうちにいただきまーす!
・・・・
・・・ん?・・
今回は、残念な結果となりました。
夕飯を食べているのに、海水浴に来たのかと錯覚するくらい、海の香り、そう、磯の香りが口中に広がります。いや、磯の香りといえば、なんとなく聞こえが良いですが、香りを通り越して磯くさくなってしまっています。いや、私も海は大好きです。海産物も大好きです。ですが、こ、これは、、
良かれとおもってやった干し海老のうまみが煮込むことで、くさみになってしまい、さらに白菜がその煮汁をぎゅぎゅーっとすいこんでいるので、磯くささが全面に出てしまっています。また、調味料が白だしと、塩というシンプルで素材の味を引き立ててくれるものだったので、余計に干し海老のダシ、味が引き立つというなんとも皮肉なことに・・・
じゃぁ、どうしたらよかったのでしょう?
今回の反省点、問題点としては、
・干し海老を煮出すことで、うまみをくさみにしてしまった
・調味料がシンプルすぎた
という2点が考えられます。なので、「調味料に醤油をプラスし、トロトロに煮込んだ白菜に干し海老をトッピングとして乗せる」という作り方だったら良かったのではないかと思います。そうしたら、干し海老のうまみを生かしたまま、白菜とのコラボレーションを楽しめたし、干し海老の鮮やかなピンク色も生かせたと思うのです。
半分ほど残してしまった煮びたしは翌日、再加熱の際、醤油小さじ1、ごま油小さじ1/2を入れ、温まったところにご飯一膳分を加え雑炊のようにして食べたら、磯くささが緩和され、おいしくいただけました。醤油の力はすごいです。
おいしい野菜はこちらから↓
野菜セットお試し可能
4週間は全商品配送料無料!




 - 野菜料理

error: Content is protected !!