芋いもロック!!

年間100種類以上の焼酎を飲む焼酎好きの焼酎好きによる焼酎好きのためのブログ

お箸で食べるスパゲッティー!洋麺屋五右衛門で夏季限定スパゲッティーを食べてきた

      2017/05/13

 暑い日々が続いた8月ももうすぐ終わりですね。少しずつですが、気温も下がり、ひんやりとした風が吹いたりすると、秋が一歩一歩近づいてきているのを感じます。
 「まだまだ、夏を感じていたいの」というそんなあなたは、洋麺屋五右衛門で夏の期間限定メニュースパゲッティーを食べて晩夏を楽しむのはいかがでしょう?トマトや枝豆のソルベ(アイス)がトッピングされている冷製スパゲッティーや、夏野菜のスパゲッティーなど、夏らしいメニューが勢ぞろいしていますよ。
 私は平日の11:30ごろにお店に入ったのですが、女性グループのお客さんや、小さいお子さんをつれたママさんたちが多く、店内はにぎわっていました。12:00過ぎるとスーツを着た男性や、学生服を着た人であっという間に満席になっていました。
 
 
 
 ランチメニューも種類が豊富で、こっちにしようかな、でもこれも食べたいし、あ、こっちも魅力的とどれにしようか迷っちゃう。
 たくさん悩んだ中で選んだのは、写真の右下にある夏の期間限定おすすめメニューにある“イベリコ豚と夏野菜づくしのよくばりスパゲッティー(醤油バター)”。野菜もたくさん食べたいし、おいしいお肉も食べたいという私にぴったりのよくばりスパゲッティーです。しかも、期間限定となれば、これで決まりでしょう。
 洋麺屋五右衛門といえば、お箸で食べる釜ゆでスパゲッティーの専門店。フォークを使ってスパゲッティーをくるくる巻くのが苦手という人や、お箸を使い慣れている人にもおいしいスパゲッティーを食べてもらいたくて、このお店を作りたかったのかなぁなどと考えていたら、セットについているサラダと、スープが来ました。

 千切りにされた大根とにんじんと、水菜の上にカリカリのベーコンがトッピングされています。このスープは55円(税抜き)払うと、もう一杯おかわりできるそう。
 メインの“イベリコ豚と夏野菜づくしのよくばりスパゲッティー(醤油バター)”も来ましたよ。

 夏野菜づくしというだけあって、なす、ゴーヤ、パプリカ、ミニトマト、アスパラ、長ネギ、かぼちゃ、たくさんの野菜がのっています。色んな種類をちょっとずつ食べたい私にはとっても嬉しい♪
 ここで、またひとつ悩むことがあるのですが、この一番上にのっている温泉卵をくずすタイミング、あなたならいつにします?最初から混ぜちゃう派ですか?それとも、半分くらい食べたところで混ぜて別の味にして食べる派ですか?
 うなぎのひつまぶしなんかだと最初はそのままの味を楽しみ、次にわさびや海苔などの薬味をのせて、 最後は、出汁を入れてお茶漬け風にして食べるなんて三度も楽しんじゃう人が圧倒的に多いと思うんですけど、今回は、全体を卵で絡めて食べたほうがおいしいのではといことで最初から混ぜちゃいましたよ。スパゲッティーの味もバターが重過ぎることなく、にんにくと、ごまの香りを醤油がうまくまとめて一緒になっています。
 今回私が食べた夏の期間限定メニュー“イベリコ豚と夏野菜づくしのよくばりスパゲッティー(醤油バター)”は8月31日(月)までなので、温泉卵を最初から混ぜたいあなたも、いやいや、半分食べてから混ぜて二つの味を楽しみたいというあなたもお店に行くのはお早めに!!!



洋麺屋五右衛門のHPはこちら

 - 外ご飯

error: Content is protected !!