芋いもロック!!

年間100種類以上の焼酎を飲む焼酎好きの焼酎好きによる焼酎好きのためのブログ

白麹の優しい味を感じたい!芋焼酎、薩摩七夕を飲んでみた

      2017/05/13

「ささのはさーらさらー♪
のーきーばーに揺れるー♪♪」

先日は七夕でしたね☆
芋いもロッカーの皆さまはどんなお願い事をしましたか?

私は
☆美味しい焼酎にたくさん出会えますように
☆鹿児島の焼酎酒造に行けますように
と2つもお願いしちゃいました☆☆
叶うといいな(*´∀`*)

冒頭の歌い出しで有名な童謡『七夕さま』
ですが、歌っていると

「のーきーばーに揺れるー♪♪」
…のきばって?
(何かの言葉が省略されていて)のキバ?
実は、のきば→置き場と間違えている?

「きーんぎーんすーなごー♪」
…すなごって?
砂の丁寧語?でも、それならお砂になるのかしら?
女の人→おなご
砂→すなご?

意外とどういう意味なのか知らないんですよね(;・∀・)
分からないことはグーグル先生に聞いてみよう!!
という事で、どういう意味なのか調べてみました。

まずは歌詞から。

「ささのはさらさら
のきばにゆれる
おほしさまきらきら
きんぎんすなご」

これを漢字に変換すると、

「笹の葉さらさら
軒端に揺れる
お星様きらきら
金銀砂子」

おぉ、漢字にするとイメージが掴みやすい。ビバ漢字!!

のきばは、(動物とか)のキバではなく
軒(のき)の端だから、屋根の下や、壁からはみ出している屋根の部分のことを、のきば(軒端)というそう。
ねこちゃんが陽のあたる縁側でうとうとしている、そこら辺が軒端ってことかしら。

すなごは
砂子
1 砂。いさご。まさご。
2 金銀の箔を細かい粉にしたもの。蒔絵(まきえ)・色紙(しきし)・襖紙(ふすまがみ)などの装飾に用いる。
提供元:「デジタル大辞泉」
ということは普通に「砂」という意味なのね。おなご、すなごじゃなかった。

つまり、
七夕飾りの笹が、
縁側の軒下でサラサラと揺れている
空には、お星様が、
金銀の細かい砂のようにキラキラと光っている
というようなことかしらん☆

七夕さまには2番の歌詞もあって
「五色(ごしき)の短冊
私が書いた
お星様きらきら
空から見てる」

(七夕飾りには)私が書いた
願い事の五色の短冊が下がっていて
空からお星様が
そんな私の七夕の様子を見ている
改めて意味を知るのも面白いですね!

そんな素敵な名前がついた焼酎、七夕を飲んでみましたよ☆

●薩摩 七夕
〈原材料〉 さつま芋・米麹
〈使用麹〉 白麹
〈度数 〉 25度
〈容量 〉 1800ml
お湯の中に焼酎を入れると芋の柔らかい香りが立ち、口にすると、優しい甘さがふんわりと広がり、すーっと消えていきます。
う~ん、これは美味しい、強烈な香りや味ではないからこそ、飽きずに何杯も飲める、そんな焼酎です。
満点の星空の下で焼酎を傾けるっていうのもいいなぁ☆

 - 芋焼酎

error: Content is protected !!