芋いもロック!!

年間100種類以上の焼酎を飲む焼酎好きの焼酎好きによる焼酎好きのためのブログ

おいしい焼酎の水割りを飲むなら、水にこだわれ!おすすめのシリカ水、ガイヴォータ

      2017/09/21

焼酎の水割りは好きですか?
おやっとさぁ、湯川です。

今日は、焼酎をよく飲むけど、もっとこだわりをもって作ってみたい、もっとおいしい焼酎の水割りが飲みたいというあなたにお送りします。

チェックポイントは、2つ!

水の種類と、水割りの作り方です。

さっそく、いってみましょう!

軟水と硬水の違いを知って使い分ける!

おいしい焼酎の水割りを飲むときに、気にしてほしいのが、水(割り水)。

私たちが普段飲んでいる水には、主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれています。

水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値を「硬度」といい、WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」としています。

WHOによる分類 軟水 硬水
硬度 0~120mg/l 未満 120mg/l 以上

(軟水の中でも軟水と中硬水、硬水の中でも硬水と超硬水に分けることもできますが、ここでは省略)

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの濃度が低い軟水は、まろやかな口当たりとさっぱりとした風味が特徴で、日本の水はほとんどが軟水です。

採水地によって多少異なるのですが、国産の水だと「い・ろ・は・す」、南アルプスの天然水、六甲のおいしい水、海外の水だと、クリスタルガイザー(アメリカ)、ボルヴィック(フランス)などが「軟水」です。

濃度が高い硬水は、口当たりが重く苦みを感じるのが特徴。

エビアンやコントレックス(フランス)、クールマイヨール(イタリア)、炭酸水のペリエ(フランス)や、ゲロルシュタイナー(ドイツ)などが、「硬水」です。

軟水も硬水も、それぞれ特長があるのですが、焼酎の水割りには、「軟水」がおすすめ。

軟水は基本的に無味無臭なので、焼酎の香りや味を邪魔せずに、水割りを作ることができるのです。

シリカ水なら、普通の水よりおいしい、美容や健康にも!

さらに、こだわるなら、軟水の中でも「シリカ水」がおすすめ!

シリカとは、私たちの皮膚や骨、毛髪、爪、血管、細胞壁など、身体のさまざまな部位に含まれている成分で、肌の保湿、骨や毛髪、爪、コラーゲンの再生をサポートしてくれるのです。

ですが、加齢により次第に減少、体内で作り出すことができないので、シリカが多く含まれる食品を積極的に食べるようにしたり、シリカ水を飲むことが推奨されています。

シリカ水で割った水割りなら、おいしくて、きれいにも、健康にもなれちゃうということ!

おいしい焼酎の水割りの作り方


さっそくゲットしたのが、ネットでおすすめされていた、北海道産のシリカ水(Gaivota~ガイヴォータ~)

芋焼酎は、甲乙混合焼酎の「こくいも」です。

私は、芋焼酎の味と香りを楽しみたいときには本格焼酎、水割りなどさっぱりぐいぐい飲みたいときには甲乙混合焼酎と、飲み分けていますが、お好みの焼酎でOK!

これで、おいしい水割りを作っちゃいますよ~!!!

間違ってない?焼酎の水割りを作る順番は、焼酎→水

意外と知らなかったり、間違えやすかったりするのが、芋焼酎の水割りを作る順番。

芋焼酎のお湯割りは、「お湯→焼酎」ですが、芋焼酎の水割りを作る順番は、「焼酎→水」

焼酎の方が水よりも軽いので、後から水を入れた方が混ざりやすいんです。


グラスにたっぷりの氷を入れて、芋焼酎、水をいれて、ステア(混ぜる)すれば完成!

濃さは焼酎と水が6:4(ロクヨン)だといいとか、いろいろありますが、お好みで大丈夫。^^

飲んで薄ければ焼酎を足せばいいし、濃ければ水を足せばOK!

家呑みにはルールがないので、「楽しくおいしく飲めればいい」が私のポリシーです(笑)

シリカ水のガイヴォータで作った水割りは、まろやかでおいしい水割り。

普段水割りを飲むときは、アルカリイオン水とか、浄水器の水とかで作っているのですが、ガイヴォータ(Gaivota)のほうがよりまろやかで、口当たりがマイルドな感じ。

それも、そのはず、ガイヴォータ(Gaivota)は、北海道乙部町の「命の水」とよばれる名水。

ガイヴォータ(Gaivota)が、焼酎の味や香りをうまく引き出してくれます。

飲みやすいから、ぐいぐい飲んじゃう(笑)

もちろん、ご飯を炊くときのお水や、お味噌汁、煮物などの料理を作るときの水、コーヒー、紅茶を入れるときの水としても、シリカ水のガイヴォータ(Gaivota)はおすすめ。

おいしいお酒を飲みながら、きれいに、健康になれちゃうだなんて、もう水割りのときは、シリカ水のガイヴォータで決まり~☆

 - 焼酎, 芋焼酎

error: Content is protected !!