芋いもロック!!

年間100種類以上の焼酎を飲む焼酎好きの焼酎好きによる焼酎好きのためのブログ

【秋限定芋焼酎】八千代伝 熟柿(じゅくし)を飲んでみた

      2019/01/18

みなさま、こんにちは!
銀杏並木が、黄金色に輝き、地面には黄色いじゅうたんが敷かれる季節ですね。今日はそんな今の季節にぴったりの芋焼酎の八千代伝 熟柿(じゅくし)を飲んでみたので紹介します。

芋焼酎 八千代伝 熟柿(じゅくし)とは?

熟柿は名前の通り、柿が熟れる季節、秋に八千代伝酒造から限定発売される芋焼酎です。ここで、勘の良い読者の方々は「ん?八千代伝?前にも見たことがあったような・・」とお気づきになったと思いますが、そう、八千代伝酒造の焼酎は、私の好きな焼酎も多く、このブログで紹介するのは初めてではないんです。
八千代伝 黒の記事を読んでみる
春限定焼酎 八千代伝 黄色い椿の記事を読んでみる
「この熟柿の色の味がする焼酎を造りたいな。」という先代社長の一人言を、蔵人達が実現してくれたのがこの熟柿という焼酎。私も毎年、9月、10月が近づいてくると「そろそろ熟柿が出る頃かな~」と思ったり、店頭に並んでいるのを見ると「もう秋が来たのかぁ」と感じたり、熟柿で季節を感じています。よく、食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋などといわれますが、私にとっては「熟柿の秋」です♪
裏ラベルには

「熟成のときを刻み、一年の集大成として、「熟柿」を蔵出しする・・・」
蔵人達の心意気を存分にお楽しみあれ。

と、書かれています。うふふ、今年の秋も楽しみに待ってましたっ☆

●八千代伝 熟柿(じゅくし)
<原材料>さつまいも(黄金千貫)、米麹(国産米)
<度数>25度
<容量>1800ml
<蔵元>八千代伝酒造 猿ヶ城渓谷蒸溜所

ラベルの右端にも
「天高く 古里の野に 柿熟す」
と書いてあり、熟柿の文字の色も柿色です。写真で見ると、オレンジ寄りの色に見えますが、実際はもう少し赤みが強く、本物の柿の色のようです。

芋焼酎熟柿(じゅくし)実際のお味は?おすすめの飲み方はお湯割り


まずは、お湯割りで。
封を開けた瞬間から、芋のやわらかい香りが広がります。お湯と混ぜることで、甘い香りがさらに広がります、これはおいしそう~☆
口に入れてみると、心地よい芋の甘さが広がり、後味もとろ~っとした甘みが舌に残ります。
芋焼酎だから芋の甘さなんですが、柿、それも完熟の強く握ったり、スプーンを入れただけで“ぐにゃぁ~“っとつぶれて溶けてしまいそうな、とろとろの柿の味もする焼酎です。まさに、熟柿という名前がぴったり!

芋焼酎 八千代伝 熟柿(じゅくし)はロックで飲んでもおいしい


お次は、ロック!
グラスに注ぐときに、ビンから出てくる焼酎がなんだかとろ~っとしていたような気がします。
飲んでみると、お湯割りの時に感じたやわらかい甘みというより、雲丹(うに)のような濃厚な甘みを感じます。その甘さの中に柿のようなとろりとした甘さ、そして、たまに感じる渋みのような味がより柿らしさを感じさせます。こ、これは、完成度が高いぞっ・・・
いやぁ、今年の秋もおいしい熟柿でした、ごちそうさまでした~!!

2017年の芋焼酎 八千代伝 熟柿(じゅくし)を飲んでみた

限定焼酎熟柿
こちらは、2017年の熟柿(じゅくし)。

毎年見るラベルですが、見るたびになんだか「ほっとする」というか、季節の流れを感じます。

芋焼酎熟柿

芋焼酎熟柿(じゅくし)の飲み方はお湯割りがおすすめ

熟柿お湯割り

やっぱり熟柿の芋焼酎の甘さを楽しみたいなら、飲み方はお湯割りがおすすめ!

ここ数年の熟柿は、少し軽めな印象がありますが、「とろ~り」とした甘さは健在。
お湯割りだとふんわりとした香りがたち、より熟柿らしさを楽しめる一杯になりますよ。

芋焼酎熟柿(じゅくし)はロックで飲んでもおいしい

熟柿ロック

熟柿はロックで飲んでもおいしい芋焼酎。

お湯割りとはまたちがった、濃いおいしさが楽しめます。

芋焼酎好きなら試してほしい飲み方 ストレート

芋焼酎熟柿

最後は、芋焼酎好きならぜひとも試してほしい飲み方、ストレート。

芋焼酎そのものの味を感じられる飲み方です。
お湯割とも、ロックとも違う、熟柿の「うまさ、甘さ、濃さ」がダイレクトに味わえます。

熟柿も毎年楽しみにしている焼酎のひとつ。

同じ銘柄の焼酎でも、その年の気候や芋によって毎年少しずつ味が違うので、違いを楽しみたい通な人にはストレートで飲んでみるのもおすすめ。

アルコール度数が芋焼酎そのままの25%なので、おいしいからといって飲みすぎには注意です(笑)

 - 焼酎, 芋焼酎

error: Content is protected !!