【プレミア焼酎】入手困難な本格焼酎、3Mで有名な魔王を飲んでみた

芋焼酎好きのみなさま、おやっとさぁ、ゆかりです

今日は、手に入れるのが難しいといわれている幻の焼酎の一つ、魔王(まおう)を飲んでみたので紹介します。

魔王(まおう)は、ロックでちびちびと楽しみたい本格焼酎。

プレミア焼酎、魔王とは

魔王

入手困難な焼酎、3M(魔王、森伊蔵、村尾の頭文字Mをとったもの)、プレミア焼酎などとしても知られる魔王は、焼酎を飲まない人でも名前を知っているくらい有名な焼酎。

「焼酎といえば、芋くさい」

というイメージを一新し、焼酎ブームの立役者ともいわれる魔王。

樽で熟成される際、蒸発によって失われてしまう天使の取り分に関わる天使を誘惑し、魔界へ酒をもたらす悪魔たちによってもたらされた特別のお酒、という意味で命名された焼酎なんです。

魔王を作っている白玉醸造は、おなじ芋焼酎の「白玉の露」、芋麦焼酎の「元老院」、芋米焼酎の「天誅」などの焼酎も作っています。

商品名 魔王(まおう)
原材料 さつまいも、米麹
製造元 白玉醸造(鹿児島県肝属郡錦江町)
アルコール度 25度

芋焼酎、魔王をお湯割で

芋焼酎魔王お湯割り

まずは芋焼酎の定番、お湯割りで魔王をいただきます

芋焼酎はお湯割りにすると、芋の香りがふんわりと香るものが多いのですが、魔王は香りが控えめ。

最初の印象は「本当に芋焼酎?」というくらいすっきりとしていて飲みやすいのですが、飲んだ後に口やのどに広がる残り香や返しでしっかり芋焼酎らしさを主張してくる感じ。

口に入れた瞬間はおとなしくて澄ました感じなのに、飲んでいると香りがだんだん強くなっていく、ギャップがいい

お湯と焼酎がなじんでお湯割りの温度が冷めてくると、芋らしい雰囲気が強くなるので、芋焼酎好きならお湯の温度を低めにしたお湯割りを作るのがおすすめです。

プレミア芋焼酎、魔王をロックで

芋焼酎魔王ロック

お次は、魔王のロック。

私は基本的にお湯割りが好きなのですが、魔王はロックで飲むのがおすすめ

口にいれた瞬間は、すーっと香るのに、後味がすごくすっきりとしています。

冷やしたスイカに塩を振って食べた時のようなジューシなみずみずしさや、グレープフルーツやローズマリー&ミントのようなさわやかさが感じられる焼酎です。

それでいて高級感あふれる香りや、味のたたずまいは「さすが魔王」といったところ。

芋焼酎の芋くささや芋の甘さが少ないので、芋焼酎をはじめて飲む人や、芋焼酎の芋らしさい・芋くささが苦手という人でも魔王のロックは飲みやすいと思います。

プレミア芋焼酎、魔王にあうおつまみ

魔王ロック

魔王は、つまみを食べながら飲むというよりも、お酒だけでちびちびと飲みたい焼酎。

米焼酎の「キリっ、すっきり」ともちがう、すっきりとした芋焼酎の甘さをじっくり味わってほしい一本です。

魔王は、飲んだ後に口やのどに残るすーっと消えていく香りがまたおいしいんですよ

でも、どうしてもなにかつまみがほしいという方には、鯛のお刺身がおすすめ。

白身のお魚で脂身の少ない鯛をシンプルにお刺身でいただけば、焼酎の味を邪魔せずに楽しむことができますよ。

このとき、ぜひ鹿児島の甘口しょうゆで食べると、なおよし!

さらに乙なのが、お刺身にしょうゆではなく、ちょっといい塩、岩塩をふって食べること。

魚のうまみ、甘みが「ぐぐっ」と引き出されて、素材の味を引き立てます。

今日もごちそうさまでした、みなさま素敵な夜を~

error: Content is protected !!