百年の孤独と同じ蔵元!芋焼酎、尾鈴山山ねこを飲んでみた

芋いもロッカーのみなさま、おやっとさぁ!
今日は 芋焼酎●尾鈴山 山ねこ を飲んでみたので紹介します。

山ねこを作っている尾鈴山蒸留所は、有名な麦焼酎、百年の孤独を作っている酒造(蔵元)さんなんですよ。
芋焼酎尾鈴山山ねこ

商品名 尾鈴山 山ねこ
原材料 さつまいも(九州108号ジョイホワイト)、米麹(宮崎県産ヒノヒカリ)
白麹
製造元 尾鈴山蒸留所
アルコール度 25度

山ねこはジョイホワイトという品種の芋を木樽で仕込み、二年以上、貯蔵、熟成させて作られた焼酎。

焼酎の多くは、貯蔵、熟成の期間は一年以内なので、約二倍の時間がかかって作られているということ!

芋焼酎、尾鈴山山ねこをお湯割りで飲んでみた

封をあけると、芋のふわりとしたやや甘め香りがします。

まずは、お湯割りで飲んでみます。

口に含むと、スーッとした飲み口。

まろやかで、丸い雰囲気の味がして飲みやすくて優しい味の芋焼酎。

「ほわーん」と、芋焼酎の甘さが広がってくる感じ。

芋焼酎、尾鈴山山ねこをロックで飲んでみた

ロックで飲むと、お湯割りの時に感じた柔らかさや、甘さが力強くなった印象。
また、木樽で仕込んでいるからか、ウイスキーのような雰囲気も感じられる味わいです。

百年の孤独と同じ蔵元!芋焼酎、尾鈴山山ねこを飲んでみた

芋焼酎尾鈴山山ねこ

芋焼酎、尾鈴山山ねこは、柔らかくて甘い芋の香りと味がする飲みやすい焼酎。

山ねこは、入手困難といわれている麦焼酎「百年の孤独」と同じ蔵元。

いつか百年の孤独も飲んでみたいなぁ・・!

素敵な焼酎との出会いに今日も感謝です☆

error: Content is protected !!