プレミアム芋焼酎なかむらをロックで飲んでみた

芋焼酎なかむら

おやっとさぁ、湯川(芋いもロック!!@imoimo_rock)です。

今日は、中村酒造場さんの芋焼酎、なかむらを飲んでみたので紹介します!

芋の甘さとまろやかさが特徴の「なかむら」は、生産が追いつかないほどの人気からプレミアム級ともいわれている芋焼酎なんです。

なかむらってどんな芋焼酎?

なかむら焼酎

商品名 なかむら
原材料 さつま芋、米麹、白麹
製造元 中村酒造場(鹿児島県霧島市)
アルコール度 25度

中村酒造場の本格焼酎の特徴は、焼酎造りの「命」とも言うべき麹造りを、九州でも三蔵しかないといわれる石造りの麹室にて行っているところ。

石造りの麹室やそこで行われる手造りの麹、1本1本規格の違う和甕や石造りの冷却槽など、明治21年の設立から昔ながらの道具で、昔ながらの造りをされています。

すべての銘柄を、純手造りの製法により仕込んでいるところに、こだわりが感じられる酒造さんなんです。

芋焼酎なかむらをロックで飲んでみた

なかむらロック

さてさて、早速ロックで飲んでみましょう!

「なかむら」を一口飲んでみると、上品な香りと、味わい、ほのかに甘さのある余韻がすごい!

控えめで上品な芋の香りなのですが、白麹でありながら、ガツンと力強い味がします。なんだろう、この感じすごくクセになる・・!

とくに、飲んだあとの返しと後味がパンチがあってすごく力強い!!

ザ・正統派芋焼酎ロックって感じです。

焼酎自体がすごく力強いから、食事と一緒に楽しむというより、なかむらだけをチビチビ楽しみたい、そんな一本です。

error: Content is protected !!