芋焼酎、愛子は飲めたらラッキーな屋久島産レア本格焼酎

芋いもロッカーのみなさん、こんにちは!

今日は珍しい焼酎を飲む機会があったので紹介します。

その名も「愛子」。
世界遺産にもなっている鹿児島県屋久島で作られた焼酎で、「三岳」と同じ蔵元さんが作っている焼酎です。

芋焼酎 愛子ってどんな焼酎?

愛子の由来にもなっている愛子岳は屋久島に古くからある山岳信仰の山として崇められ五穀豊穣、無病息災等を祈る山として地元の人々からも愛されている山。

芋焼酎 愛子は、愛子様御誕生の際、皇太子さまに献上されたことで大きく注目された焼酎でもあります。

知名度があるだけでなくもちろん、味もおいしい焼酎なんです。

原材料 さつまいも、米麹(タイ産米)
度数 25度
容量 1800ml
製造元 三岳酒造株式会社
販売元 mマート愛子(有)寺田商店

芋焼酎 愛子をお湯割りとロックで飲んでみた

では、早速飲んでみましょう。
お湯割りはやや含みのある香りが立ち、口に入れると柔らかな香りが広がり、すーっと消えていきます。

軽い飲み口だけど、芋の柔らかくてやや甘い味が広がる焼酎です。上品で、クリア、ライトな味なので、芋焼酎をあまり飲んだことがない方や、「芋焼酎の強い香りはちょっと・・・」という方もおいしく飲める焼酎だと思います。

芋焼酎愛子

ロックだと、お湯割りのときの柔らかな香りがすっきりとしたシャープな香りになり、口に入れるとあっという間に広がっていきます。後口もお湯割りと同じように海の潮が引くように、すーっと引いていきます。

以上、【飲めたらラッキー!?】屋久島産 本格焼酎●愛子 を飲んでみた の記事でした。

error: Content is protected !!