プレミア焼酎飲み比べ!森伊蔵、魔王、伊佐美をお湯割りと、ロックで飲んでみた!

芋焼酎ロック飲み比べ

芋焼酎好きのみなさま、おやっとさぁ、ゆかりです

私も初めて芋焼酎を飲んでからかれこれ10年ほど経ち、「年間100種類以上の焼酎を飲んでいる焼酎好き」ということを自負しているのですが、まだ飲んだ、いや一度も目にしたことすらない芋焼酎があるのです。

それが、森伊蔵!!!

定価で手に入れる購入方法としては、

  1. 森伊蔵酒造の抽選販売に応募する
  2. 高島屋の抽選販売に応募する
  3. JALの国際線で購入する

の3つ。

「いつかは飲んでみたい・・!」

と思い焦がれ、夢焦がれ。

そんな想いが実ったのか、

なんと、森伊蔵をプレゼントしてもらいました!!!!!!!!

そのまま飲むのもいいのですが、せっかくなのでほかの有名芋焼酎と飲み比べをしてみることに。

今回、飲み比べをする芋焼酎はこちら。(じゃん!)
森伊蔵
芋焼酎 森伊蔵

魔王

芋焼酎 魔王

伊佐美
芋焼酎 伊佐美

どれも手に入れるのが難しいといわれている幻の焼酎たち。
今回の飲み比べは、お湯割りとロックの飲み方でいってみようと思います!

芋焼酎といえばお湯割り!

森伊蔵魔王伊佐美

芋焼酎といえば、まずはお湯割り!
芋の香りのたち方、口に入れた瞬間の味、飲んだ後に口の中やのどを通る残り香(私は返しと呼んでいます)など、芋焼酎らしさが楽しめるのがお湯割り。

さっそく飲んでみますよー!

森伊蔵のお湯割り

芋焼酎お湯割り

まずは森伊蔵のお湯割り。

さわやかで、芋の堅さや軽さを感じられるほのかな香り。

飲み口もすっきりしていて、芋くささも少なめなので、芋焼酎初心者でもおいしく飲めそうな焼酎。

芋の甘さというよりも軽さのあるライトな甘みで、三岳に似た雰囲気かも。

風味、味、香りのバランスがよく、食中酒としておつまみと一緒に楽しむよりも、森伊蔵だけで楽しみたい焼酎です。

魔王のお湯割り

芋焼酎魔王お湯割り

お次は、魔王のお湯割り。

魔王のお湯割りも、芋の香りが控えめ。
それでいて、飲んだ後の返しでしっかり芋焼酎らしさを主張してくる感じ。

口に入れた瞬間はおとなしいのに、飲んでいると香りがだんだん強くなっていきます。(音楽でいうとクレッシェンド!)

お湯と焼酎がなじんで温度が冷めてくると、芋らしい雰囲気が強くなるので、私はお湯の温度が低めのお湯割りにして飲むのが好き(*´³`*)
あ、でも、魔王はロックで飲むのが一番おすすめ!

伊佐美のお湯割り

芋焼酎伊佐美お湯割り

そして、伊佐美のお湯割り。

伊佐美、お湯割りおいしい!!!!!!

芋焼酎の華やかさと、丸みのある香りは目隠しをしていても「伊佐美」ってわかるくらい特徴があります。

口に入れた瞬間のとろりとした舌ざわり、芋の甘さを感じる飲み口と返しは、上品でバランスがいい。
芋焼酎のうまさと甘さを十二分に感じられる、優等生的芋焼酎です。

伊佐美は食事と一緒に飲んでも、お酒だけで飲んでもおいしい芋焼酎。
お湯の温度が下がってくると、全体的に丸く収まっていき、温度変化とともに味や香り、風味の変化も楽しめます。

森伊蔵、魔王、伊佐美の3本の中で、一番お湯割りに合うのが伊佐美ですね(●´ω`●)

芋焼酎のガツンとしたうまさを楽しむならロックで

芋焼酎ロック飲み比べ
お湯割りの優しい甘さもいいですが、芋焼酎のガツンとしたうまさを楽しむならロックで飲むのがおすすめ!
森伊蔵、魔王、伊佐美の3本をロックで呑み比べてみましょう!

芋焼酎、森伊蔵のロック

森伊蔵のロック

まずは、森伊蔵のロック。

あっ、これ来た!!!森伊蔵はロックだわ!( ✧Д✧)

スーっとした飲み口なのに、後から香る力強さがおいしい!
「大人しい子なのかなー」と思っていたら、ショパンの幻想即興曲をガンガン弾いちゃうような感じ。(ギャップがすごい!)

スッキリとしていて堅さがある、でも芋焼酎らしさも楽しみたいなら、森伊蔵のロックはかなりおすすめ。
芋焼酎森伊蔵ロック
森伊蔵はロックがうまし!
森伊蔵はロックが旨し!!!(大事なことなので二回いいました)

芋焼酎、魔王のロック

芋焼酎魔王ロック

魔王もロックで飲むのがおいしい焼酎。

芋焼酎のロックで、芋のギャップを楽しむが森伊蔵だとしたら、魔王は芋らしさを感じさせない味。

魔王のロックは、甘さと爽やかさのバランスがよく、スイカみたいな味がします(笑)
ローズマリー&ミントのハーブっぽい感じもあります。
芋焼酎の芋くささや芋の甘さが少ないので、芋焼酎を飲んだことがない人や、芋焼酎のよさがわからない人でも魔王のロックは飲みやすいんじゃないかな(o´∀`o)ノ

<開封2週間後くらいに味の変化を感じたので追記>
すいかやきゅうりのような瓜くささが減り、味と香りのバランスが整い、さわやかな香りと味に。

最初口に入れると、「どんっ!」とするのに、すーっと消えていく香り。
しかも、このすーっと消えていく香りの時がおいしい。
米焼酎の「キリっ、すっきり」ともちがう、芋焼酎の甘さ。
それでいて、芋焼酎らしさ、芋らしさをとことん抑えているようにも感じられ、「芋焼酎はここまでできるのか・・!」と新しい発見、新しい扉をひらいた感じ。

ワインは、デキャンタにいれかえて空気にふれさせてなじませることをしますが、焼酎も開封してすぐのときと、しばらくしてからまた飲むのでは味の変化があって面白い。

芋焼酎、伊佐美のロック

芋焼酎伊佐美ロック

伊佐美のロックは、芋焼酎らしさを楽しめる味。

お湯割りのときよりも華やかさが抑えられてしまいますが、芋焼酎の甘さ、香りが引き立つ味になっています。
ロックにしても伊佐美らしい香りはそのままなので、芋焼酎好きなら間違いなく好きなはずd(・∀・*)

森伊蔵、魔王、伊佐美のプレミア焼酎飲み比べをしてみて

芋焼酎ロック飲み比べ

芋焼酎は芋焼酎でも、こんなに味や香りが異なるのかということを再発見したプレミア焼酎の飲み比べ対決。

普段飲みするのは難しい価格ですが、「芋焼酎をじっくり楽しみたい!」というときにはどれもおすすめの焼酎です。

一人でじっくり飲むもよし、焼酎好きとわいわい楽しむのよし!
いやぁ、今日もいいお酒でした、ごちそうさまー!!

error: Content is protected !!