芋いもロック!!

年間100種類以上の焼酎を飲む焼酎好きの焼酎好きによる焼酎好きのためのブログ

数量限定芋焼酎!紫黄相良(むらさきさがら)を飲んでみた!

      2017/05/13

今日は、数量限定!本格芋焼酎の紫黄相良(むらさきさがら)を飲んでみたので、さっそくレポートしますよ。

dsc05959bmurasakisagara01.jpg

紫黄相良(むらさきさがら)ってどんな焼酎?

南薩摩産の希少な紫芋「エイムラサキ」を使用し、代々受け継がれる「相良流手すくい濾過」技法を用いて、杜氏の手によりじっくりと丹念に仕上げた逸品は、紫芋特有の旨味・甘味が凝縮。
そこに黄麹仕込みの黄金千貫をブレンドする事により、フルーティーな香りと味に厚みがプラスされ、まさに絶品の「紫黄相良」が誕生しました。
ラベル裏より

酒造元は、薩摩最古の焼酎蔵、鹿児島県 相良酒造。
相良酒造の焼酎は、相良をはじめ、相良九代目、仲右衛門(なかえもん)、相良兵六(さがらひょうろく)あたりが有名な焼酎でしょうか。

相良十代目もあるそうなのですが、これは私もまだ飲んだことがないです。
どんな味なのか、気になりますー!

この「紫黄相良」のラベルは、紫芋の紫と、黄麹の黄色をイメージしているのでしょうか。きれいな色使いです。
個人的には、ラベルの文字(フォント)の、「紫」と「黄」の書き順の最後になる、右止めからのはらいと、「相良」の文字がバランスが取れていてすごく好みのフォントです。

紫黄相良(むらさきさがら)ってどんな味?

封を開けると、ふわりとした甘さの紫芋の香りが広がります。
もう、これだけでしあわせ♪

まずは、お湯割りで飲んでみます。

黄麹のフルーティーで、おしゃれな雰囲気の味や香りの主張が強い焼酎ですね。
紫芋の高貴な甘さと、黄麹の相性もよく、エッジがたった味です。

お湯が冷めてくると、まろやかにまとまってきて、バランスのとれた味と香りになります。
荒濾過(あらろか)の濃さのバランスが良く、白麹、黄麹のそれぞれのいいところが出てくる味です。
「紫芋と、白麹、黄麹を使って、この味と香りを出したかったんだろうな」というような杜氏さんの想いが感じられる焼酎です。

おつまみは、おいしい炭火焼(塩)や、鶏の塩煮などが合いそう。

お次は、ロック。

グラスに氷を入れて、そそいだ瞬間から、芋の香りと、甘さの主張があります。
しっかりとした強めの味ですが、舌の上にまとわりつくような甘さではないですね。
1口目から「バシーンッ!!」とした、重厚感のあるふくよかな芋の味がします。

最後に、ストレート!

お湯割り、ロックを飲んだ印象から、ストレートでもかなり濃い味がくることを予想していたのですが、思っていたよりやさしい味でした。

ストレートで飲むと、バランスのよさが目立ちますね!

dsc05960bmurasakisagara02.jpg

商品名    : 紫黄相良(むらさきさがら)
原材料    : さつまいも(エイムラサキ・コガネセンガン)、米麹
容量     : 1,800ml
麹      : 白麹、黄麹
種類     : 芋焼酎
アルコール度数: 25度
酒造元    : 鹿児島県鹿児島市相良酒造株式会社

【数量限定芋焼酎】紫黄相良(むらさきさがら)を飲んでみた!まとめ

紫芋の香りと、白麹・黄麹のバランスの良さを楽しみたいなら、ぬるめのお湯割り、
「ガツン」とした濃さとを楽しみたいなら、あまり氷を溶かしすぎないロックで飲むのが私のおすすめです!

プレミアクラブ



ごちそうさまでしたー!!

 - 芋焼酎 , , ,

error: Content is protected !!